スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

有川浩.『三匹のおっさん ふたたび』.文藝春秋,2012.3.

三匹のおっさん ふたたび三匹のおっさん ふたたび
(2012/03/28)
有川 浩

商品詳細を見る


買ってしまいました!

本はなるべく図書館で・・・という主義なのですが
(そうじゃないと家計を圧迫しちゃうしっ!)
予約数があまりな数なので
まちきれずに買ってしまいました(^^;)



こうなったら
『三匹のおっさん』(1巻目)も購入したいかも?!


・・・というのも
登場人物が増えていて
「この人誰だっけ?」という人が何人か・・・(汗)

わからないでも、それなりに読めちゃいますが
それぞれの人物に関しては詳しい説明がないので
妙に気になったりします。



ストーリー

三匹の一人・剣道の達人キヨの嫁で
高校生の祐希の母・貴子。

人生初の仕事につく。

パート勤め先は肉屋さん。

コロッケをつくったり
対面販売の応対をしたりが仕事。

そのパート先での出来事や人間関係のゴタゴタなど。

彼女もちょっとは成長していきます。



町の個人経営の書店さん。
万引きに悩まされていると知り
見回りをします。

万引きにもいろいろなタイプがいるし
書店主さんの応対が
その後の反省を促す人情あふれる方法なので
感動します。

メインターゲットの組織だっての犯行グループへの応対は
本当にすごいです。

実際にはこんなことって
一昔前の時代のような感じです。
でも、そこがいいのですよね。



偽三匹が出現する事件。

実際にこんな勘違いおやじって
いそうな気がします。


お祭り復活なんていうのも
どこの地域でも問題になりそうなことがとりあげられていて
おもしろかったです。



評価
オール5

なんだけど
1巻を読んでからのほうがいいだろうし
できれば続けて読まないと
登場人物が増えすぎて
ちょっとついていけない感じもあります。


ルピなしの一般書。











スポンサーサイト

2012/08/02 16:05 |   有川浩COMMENT(1)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

前作同様、サクサクと読めました。
とても面白かったですね。元気が出ました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

No:140 2014/06/07 16:51 | 藍色 #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014/06/07 | 粋な提案 |

「三匹のおっさん ふたたび」有川浩

剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械をいじらせたら右に出る者なしのノリ。「還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか!」と、ご近所の悪を斬るあの三人が帰ってきた! 書店万引き、不法投棄、お祭りの資金繰りなど、日本中に転がっている、身近だからこそ厄介な問題に、今回も三匹が立ち上がります。ノリのお見合い話や、息子世代の活躍、キヨの孫・祐希とノリの娘・早苗の初々しいラブ要素も見逃せません。漫...

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。