スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

上橋菜穂子.『炎路を行く者』.偕成社,2012.2

炎路を行く者 —守り人作品集— (偕成社ワンダーランド)炎路を行く者 —守り人作品集— (偕成社ワンダーランド)
(2012/01/24)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


自分も家族も順番に入院したり、パソコンが壊れたり・・・
さんざんな間に
読んだ本の記録が滞ってしまい
さらに
借り物の本は返却しちゃったりして
いまさらまとめ書きもできないような状況に(苦笑)


その中で一番最近に読んでいたのがこれ。

守り人シリーズの
『蒼路の旅人』で
敵国の鷹(ターク)となったヨゴ人の
アラユタン・ヒョウゴの人生。

それが
この物語です。

後ろに15歳のバルサの短編も入っています。


ヒョウゴの物語だけで
単独の素敵な物語なので
繰り返し読んでしまいました。


そういや守り人シリーズはとっても好きな作品だけど
前に読んだのはいつだっけ?

と、思って
ブログを見直してみたら
記録がない・・・・ということは
かなり昔に読んだってことなんだ~。

それで
もう一度最初から読み返しています。

前に読んだときは
『神の守り人』が一番好きでした。

今もやっぱり
その話が好きだけど
ヒョウゴの話を読んでしまったし
ラストも知ったうえで読み直した場合
チャグムが主人公の話のほうが
バルサが主人公のものより好きかも♪

それでもって
エンドレスでループしそうなほど
『虚空の旅人』以降の話を読み返してしまっています。

このシリーズを最初に読んだころは
まだ 
今ほどは、児童書にはまっていなくって
最近の児童書ってすごいのね~と
びっくりしたのだけど

このシリーズは
これだけいろいろ読んできた状態でも
やっぱりすごいです。

上橋菜穂子さんは
相変わらず
一番好きな作家さんよね♪

そんなわけで
まだもう少し
守り人ワールドから抜け出せそうにないので
ブログは滞るのが続くかも(^^)//


評価
オール5


これだけでも
完成された物語だし
守り人シリーズを知らなくても
読めるような感じです。

守り人シリーズの登場人物は
全員にこういうしっかりした背景が
ちゃんとできているからこそ
深みがあって
はまっちゃうのでしょうね。

小学校6年生の国語の教科書の
最後のほうの読書の案内ページに
この作品が紹介されているのだそうです。

子どものころに
このシリーズに出会うと
世の中は自分の見えているものだけじゃない・・って
見る位置を変えればもっといろいろなものが見えるって
そんなことが
わかっていいのかも・・・。


さて、
ではもう一度
守り人ワールドにつかろうかしらね♪



スポンサーサイト

2012/12/01 23:44 |   上橋菜穂子COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。