スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

有川浩.『空飛ぶ広報室』.幻冬社,2012.7

空飛ぶ広報室空飛ぶ広報室
(2012/07/27)
有川 浩

商品詳細を見る


有川浩さんの作品の中でも
自衛隊ものはそんなに好きじゃない・・・・と思っていたので
読まずにいたところ

「自衛隊に対する考えが、変わるよ~。
目からうろこだよ。
 < 自衛隊さん今まで知らなくてごめんなさい > って思っちゃうよ。
甘々じゃないし
どっちかというと
『県庁おもてなし課』みたいにお仕事小説って感じ。
もう、ぜひ読んでっていわなきゃ~と思って。」


・・・と(^^)v


この司書さんのおすすめには
毎回はまるので
あまりの力説ぶりに
読んでみました。





久々に寝不足です。



やっぱりすごい。



しかも、さんざん夜中に泣きながら読んだので
頭痛いです(苦笑)
いやな涙じゃないので
お勧めです。





ブルーインパルスという花形の曲芸飛行をする部隊のパイロットに憧れて
あと一歩で夢がかなうという若きパイロット空井。

歩行者として信号待ちをしていた時
その事故が起きる。

トラックが突っ込んできて重症となる。

リハビリで日常生活に支障がない程度には回復するものの
パイロットとしてのキャリアは終わってしまうという不運なことに。

広報初心者なのに広報室に配属された彼と
テレビ局の自衛隊担当になったものの
自衛隊に対して嫌悪感を持つ女性・稲葉リカとの出会いと
二人の成長を通して
航空自衛隊の広報室の仕事や自衛隊の日常などが展開していきます。



最後に、空井の転勤先として
松島基地がでてきます。

ブルーインパルスの常駐基地担当になったことで
楽しそうなのですが
あの日、3.11のことやその後のことを
松島基地の視点から書いてあります。


この部分だけでも
みんなに読んでほしいかも。


あの時
自衛隊や米軍などがテレビや新聞に出ない部分で
かなり活躍していたことは
わずかにネット情報や
米軍の広報から出されるレベルのことしか
知らずにいました。

きっと世間では
もっと知らない人がいっぱいいるかと・・・。

しかも、
彼らも被災者なのに
救援物資は受け取らず
自己を顧みずに
人々を救うことを使命としている・・・

たちはだかる法律の壁や
世間の無知など
彼らを取り巻く様々なことを
柔軟な姿勢で対応している。

頭が下がる思いです。




評価

これはね・・・・

普通の評価の対象外です。
だってオール5以上だもん♪

有川浩好きな中高生はもちろん
大人にも読んでほしいです。




で、
読む場合は
時間がしっかりあるか
休前日にしたほうがいいかも(^^;)




スポンサーサイト

2013/02/18 12:08 |   有川浩COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。