スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

有川浩.『旅猫リポート』.文藝春秋,2012.11

旅猫リポート旅猫リポート
(2012/11/15)
有川 浩

商品詳細を見る


猫が語り手になっっています。

最初は野良猫なんだけど
事故にあったのをきっかけに
サトルの飼い猫になります。

そうしてつけてもらう名前がナナ。

数年後、サトルは何らかの理由で
ナナを手放さなくてはならなくなり
もらい手をさがして旅をします。

最初は小学生の時の友達。

サトルの小学生の時代のことを振り返りつつ
結局、ナナはサトルと一緒に帰ります。

次は
中学校の修学旅行を一緒に抜け出そうとした友人。

そこでも、友人の飼い猫との相性が問題で
ナナは一緒に帰ります。

サトルの中学時代のことを振り返ります。

そえから、富士山の見える
ペット可のペンションを経営している友人夫婦を最後の頼みの綱として
訪れます。

高校・大学時代のサトルを
友人の目線から振り返ります。

この章の最後に
ちょっと驚くような情報がでてきます。


そうして、
引き取り手を探すのをあきらめたサトルと一緒に
サトルのおばさんの家に引っ越します。

おばさんはサトルのために
わざわざペット可のアパートへ引っ越したところでした。




・・・・・で、
この最終章なのですが

実は途中までは
結構休み休み読んでいたのですが
この章だけは途中でやめることができないです。

しかも、タオルが必要なほど泣けます。




今の状況の私には
かなりキツイかも・・・・。

自分をナナの立場や
おばさんの立場に置き換えてしまい
まだ、つい最近の出来事とリンクしちゃって
きつかったです。

ようやく、今週四十九日の法事をしたところなのです。

そういうわけで

この感想を書くにあたって
普通は
本を開きながら確認したりして書くのですが
今回だけは
どうしても無理。

今、本を開くと
泣けてきちゃうから・・・・。



評価
というわけで
あまりに感情的になっちゃっているので
まともな評価はできそうもありません。



スポンサーサイト

2013/02/23 21:36 |   有川浩COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。