スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

マイケル・スコット.『アルケミスト5 ワーロック:魔導師アブラハム』.理論社,2012.12

魔導師 アブラハム (アルケミスト)魔導師 アブラハム (アルケミスト)
(2012/12/19)
マイケル・スコット

商品詳細を見る


全6巻のいよいよ5巻目です。
アブラハムの書『コデックス』の著者であるアブラハムや
その奥様などがでてきます。

ソフィーたちは
アブラハムからの手紙をもらったりもします。

双子の弟、金のオーラのジョシュは
どうやら、炎の魔剣クラレントの影響と
ジョン・ディーの口車にのせられているのとで
完全に敵サイドにいて
サンフランシスコに魔物を解き放とうとしています。

敵サイドでは
マキャベリとビリー・ザ・キッドが
さすがにサンフランシスコに魔物を放つのは・・・と
ディーに反旗を翻そうとするものの
失敗。

スカアハやジャンヌ・ダルク、シェイクスピアなどなど
別のシャドウレルムにいる・・・どうやら
時代や時が
かなりややこしいことになっています。


というわけで
途中経過状態の感じです。

いろんな出来事が
クライマックスにむけて
ガーーーッと
動いているというような巻でした。




評価
今後の期待をこめて 5


映画化が決定したそうです。

2時間ぐらいの映画に詰め込むには
あまりに壮大すぎるような気がします。

どうなのでしょうかね?
スポンサーサイト

2013/03/07 21:52 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。