スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

岡崎琢磨.『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』.宝島社,2012.8

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2012/08/04)
岡崎 琢磨

商品詳細を見る


京都の裏路地に位置する珈琲店をメインの舞台にした物語。

語り手で主人公、
メルアドに「ブルーマウンテン」を使っているアオヤマという青年。

探偵役で≪タレーラン≫のバリスタの女性、切間美星。

タレーランのマスターで見た目は渋い老人、中身は「?」という藻川。

などなど
設定はかなり個性的なキャラです。



書店の「売れてる文庫ランキングコーナー」にあったので
図書館で借りてみましたが
これが、あまりにも【はずれ】な感じです(^^; すみません)。

途中、なんども挫折しそうになり
だんだんいやになってきて
読むのをやめようか・・・とは思ったものの
どうにか読了。

売れているのは
きっと表紙とか【このミス大賞文庫】だからとか
もしかすると、今、流行っている、『ビブリア古書堂』のおかげとかかも。

最初はねぇ・・・
『ビブリア古書堂』(三上延)とか
『氷菓』や『春期限定いちごタルト事件』(米澤穂信)とか
『放課後はミステリーとともに』東川篤哉とかのような
日常のささいな事件を扱うミステリーなのね~と
読み進めてはいたのです。


でも
なにか
読むのが面倒になってくる・・・

なぜか
物語の世界に
引き込まれない・・・・・



というわけで
書店&出版社の入り方がうまいので
それなりに売れている・・・としか思えないです。


最後の章のミステリーの謎だけは
まあまあ良かったけど
その他は・・・・うーむ、と
うなりたくなるほど。



で、
何が私にはあわなかったのか
分析してみると

事件のミステリー性の内容が
あんまり好みじゃない。

事件の解決段階もあんまり好みじゃない。

京都の地図上の説明など
事件の解決に関して
こーーーんなにも
だらだらと しゃべりたくっているだけでは
疲れてしまいます。

京都の地図をつけてくれてもよかったかもね(苦笑)

恋愛要素が入っているみたいなんだけど
ホントに好きなの?と言いたくなるほど
みんなさめてる・・・というか
心理描写が浅いのか
なんだかあんまり魅力を感じないのよね。



まあ、それぞれの客観的描写ばかりで
心の動きのようなものが
あんまり感じられないから
ひきこまれない要因かもね~。

登場人物の誰にも
自分の気持ちを添わすことが難しい・・・。

私の読解力不足なんでしょうか・・。



そんなわけで
【超辛口】になってしまいました。

すみません。



評価
面白さ 1
再読度 1
お勧め度 1


特に【ミステリー】だと思って期待すると
ガックリきちゃうと思います。

じゃあ、何?

と言えば
駄作のライトノベルという感じかなぁ。

コーヒーをひいて
その時間を活用して推理して
ひけましたといえば、
推理の披露タイム

・・・という設定が
いかにも映像化を意識しすぎているような感じで
それもなんだか
鼻につく

・・・というか
コーヒー豆をひく度に
だんだん「イラッ」としちゃうのが
もうこの本とは
合わないってことですね(苦笑)
スポンサーサイト

2013/03/16 23:07 | 日本の作家 あ行COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。