スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

石川宏千花.『お面屋たまよし』.講談社,2012.10

お面屋たまよし (YA!ENTERTAINMENT)お面屋たまよし (YA!ENTERTAINMENT)
(2012/10/19)
石川 宏千花

商品詳細を見る


お面作り師の弟子。
太良(たいら)と甘楽(かんら)。

背丈は若衆のよう、
体つきはまだ子ども。
ということなので
中学生か高校生ぐらいなのでしょう。

時代設定はちょっと昔のようです。

2人はお面屋の弟子として
お祭りを渡り歩き、面を売っています。

彼らは、
生まれて間もなく、山に捨てられており
山の主が
面作師に預けて育てられたといういわくつき。

山の主様が天狗などを使って
2人の様子を見守っています。

表向きの屋号は「たまよし」。

けれど、お面屋さんには裏の屋号もあります。

その屋号を使うときは
妖面を扱うとき。

妖面とは、つけた人が
なりたいと願う姿になれるというもの。

ただし、
妖面に心をとられ、
荒魂化・・・妖怪化した場合は、彼らが浄化しなくてはなりません。

短篇集のような感じで
行く先々でいろいろな人に出会い
妖面を使う人たちと
対応していく・・・そんな物語です。



評価
面白さ  5
再読度  4
お勧め度  5



わりと淡々としているような感じながらも
考えさせられることがいっぱいあって
好きな人は多いかも・・・と
思います。



スポンサーサイト

2013/03/23 13:44 |   石川宏千花COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。