スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

鳴沢真也.『ぼくが宇宙人をさがす理由』.旬報社,2012.8

ぼくが宇宙人をさがす理由ぼくが宇宙人をさがす理由
(2012/08/24)
鳴沢真也

商品詳細を見る


2013年度中学校課題図書です。

兵庫県立大学西はりま天文台 天文化学専門員 の方が筆者です。

宇宙人、それも知的生命体が
宇宙のどこかにいるという証明をさがすための観測をする計画を
実行するリーダーとなった方です。

宇宙人のいる確率ってどうやら計算して出すことができるらしいです。

星から発信される電波を
地球上のたくさんの観測所で同時刻に一緒に観測するとか。

どこかの星から電波が出ている・・・ということは
知的生命体がいる証拠になるのだそうな。

少年期にひきこもりになったりしていた筆者が
今は世界中の観測チームを率いる・・・そういう風になっていく様子が
この本です。

この方、
いつか好きな天体観測を仕事にしたいと願い
本当にコツコツと一歩一歩
夢を目指してちょっとづつ進んできたようです。

文章も易しいし
読みやすいです。

カール・セーガンの『COSMOS(コスモス)』という本が
昔、大ベストセラーになって
私でも記憶の片隅に残っているほどなので
きっと
すごい売れ行きだったんでしょうが
そのこととか
他にも、この方の年代だと経験してきた
宇宙開発のニュースが
彼を宇宙大好き少年にしてきたのだそうです。


最近の中学生とか高校生ぐらいの子たちにとっては
この方(1965年生まれ)の世代ほど
宇宙大好きな人って少ないと思います。

今の子たちにも
もっともっと宇宙に興味をもってほしいなぁ・・・。



私もこの本を読んで
改めてそう感じました。


評価
面白さ  4 こういう種類の本としてはかなり面白いと思います。
再読度  2
お勧め度 4.5


読みやすいし、わかりやすいです。

たぶん1時間もあれば読めちゃいますが
課題図書でなければ
中学生が手に取るか・・・というと疑問もあります。

ま、
大人や教育者が求める「中学生に読んでほしい本」という感じのものです(^^;) 

スポンサーサイト

2013/04/28 23:22 | 400分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。