スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

滝沢馬琴/作.こぐれ京/文.『南総里見八犬伝』.角川書店,2013.2

南総里見八犬伝 (角川つばさ文庫)南総里見八犬伝 (角川つばさ文庫)
(2013/02/15)
不明

商品詳細を見る


角川つばさ文庫の
少女漫画風の表紙絵の『南総里見八犬伝』。

小学校の高学年から
中学生にかけて
なんだか人気があるらしい・・・と聞いて

そういや、このお話って
はっきりとはどんなストーリーなんだか
覚えてないかも・・・・。

と、思って読んでみました。


もともとかなりおもしろい物語なだけに
エピソードが次々にでてきて
確かにおもしろいのですが
なんだか
はしょりすぎてて、あらすじ説明っぽいかも・・・とも思います。

よくよく考えてみたら
昔読んだときも
4-5冊以上のセットだったような・・・。

でも、入門編だと思えば
読みやすいと思います。


時系列が2つあって
まずは過去の話。

安房(あわ)の国の殿さまは
敵の大将を倒したら
娘の伏姫を嫁にやると
犬の八房に約束します。

八房は敵の大将を倒し
初めはごまかしていた殿さまも
とうとう折れて
八房は伏姫を乗せて
富山の山奥へ消えます。

2年後
伏姫の結婚相手候補だった男が
山を登り
八房を銃で撃ちます。
1発はみごと命中するものの
もう1発は伏姫にあたってしまいます。

姫の体から8つの文字のある玉があらわれ
八方へ飛び去ります。

その男は
僧侶となり
現代版にもでてきます。


現代版の物語では
玉をもって
ぼたんのあざのある
ものすごく武芸に強い人たちが
出てきます。

過去編の僧侶が
彼らに過去の物語を伝え
8人が順番に出会い、そろっていく様子が
さまざまな冒険となって
語られるストーリーです。


現代っていっても
物語の中の「現代」なので
足利氏とかがでてきます。


妖刀「村雨」もでてきます。

村雨は、切れ味がよすぎて
切った後に水が雨のように流れ出るとかいう
伝説の刀です。


評価
面白さ 5
再読度 次はもう少し大人向けので読んでみようと思います。
お勧め度 5
スポンサーサイト

2013/07/17 23:12 | 名作COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。