スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

藤谷治.『船に乗れ! Ⅰ 合奏と協奏』.ジャイブ,2008.11

船に乗れ!〈1〉合奏と協奏船に乗れ!〈1〉合奏と協奏
(2008/10/01)
藤谷 治

商品詳細を見る


親戚一同、みんなが
音楽家の一族。

自分の両親だけが
音楽とは無縁・・・・という家の「僕」。

幼いころから祖母のピアノを習い
中学生になると
祖父のすすめでチェロを習い始める。

芸高を受験するも
実技はパスしたのに
まさかの学科試験で落ちる。

しかたなく
祖父が理事を務める私立の音楽高校を受験し
進学することになる。

その高校は
中学校は女子校だったとのことで
高等部からの入学者しか男子生徒がいない・・・
しかも数えるほど・・・という特殊な環境。

「僕」は
当時
小難しい書物をむさぼり読むのが趣味で
変なプライドに凝り固まったような性格。

そこでの出会い、恋・・・それから
音楽・・・他の人と一緒に音を奏でること・・・
などを通して
成長していく物語。




高校に入るまでは
状況説明っぽくて
なかなか読み進まなかったです。

高校入学後は
物語が動き出すので
音楽のことなんてわからなくても
引き込まれると思います。




祖父の自宅でのミニコンサートのシーンがあるのですが
その時の祖父が演奏する楽曲に関するエピソードは
感動的でうるうるしてしまいます。



評価
面白さ   はじめは2.5
      途中から4.5
      もし音楽している人なら、きっともっと高得点♪

再読度   4.5

お勧め度  音楽をしている人には 5
      そうでない人にも   4


それにしても
主人公の男の子って・・・というか
この年代の男の子ってみんなそうかもしれないけど
見かけ重視で
恋愛におちいっちゃうんだろうね(苦笑)

だから、美人で
しかもバイオリンっていう華がある楽器の奏者で
さらにそのバイオリンも上手という
南さんが好きなんだもんね?

どう考えても
親友思いで
周りに気配りもできていて
そこそこ
主人公の世話もやいてくれる
鮎川さんの方がいいと思うんだけどな~。


というわけで
私は勝手に「鮎川さん派」になります♪




スポンサーサイト

2013/07/19 00:58 | 日本の作家 は行COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

藤谷さんの作品では

「ぼくらのひみつ」という解釈に困る奇妙な作品(苦笑、多少下ネタもあり)を所蔵していますけど、意外にはまる子ははまるみたいですね。

書店で探してまずは立ち読みしてみます。

No:132 2013/07/19 09:38 | keep9 #- URL編集 ]

Re: 藤谷さんの作品では

私のところにはこれだけが蔵書でした。ぐりぐらさんの高校生女子向けの読書感想文おすすめリスト掲載の本です。今は文庫も出ているみたいですね。

No:133 2013/08/07 22:12 | 桜の葉 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。