スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ.『チャーメインと魔法の家 ハウルの動く城3』.徳間書店,2013.5

チャーメインと魔法の家 (ハウルの動く城3)チャーメインと魔法の家 (ハウルの動く城3)
(2013/05/30)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

商品詳細を見る


作者が亡くなってしまわれたので
ハウルのシリーズもこれが最終巻です。

今回の主人公はチャーメインという本好きの少女。

母親が
上品な人は家事なんてしない・・・という考え方なので
チャーメインは、家事がまったくできません。

魔法は下品・・・と思っている母なので
チャーメインも魔法なんて無縁の生活でした。

ある日、
親戚のおばさんがやってきて
チャーメインのおじ・ウィリアムという
魔法使いの家の留守番役を
チャーメインにしてほしいと
決めてしまいます。

ウィリアムおじはハイ・ノーランド国の王室づき魔法使い。

家に到着すると
おじは
病気の治療のためにエルフたちに運ばれていくところでした。

家は魔法の家で
宿なしという名前の犬のもいました。

家事ができずに苦戦していると
ピーターというモンタルビーノの魔女の息子が
弟子入りするためにやってきて
居候してしまいます。

王室の図書室の資料整理の仕事も引き受けてしまい
さらに
王室の問題をさがすうちに
お城の新たなお客と出会い
にぎやかで
ばたばたした生活になっていきます。

ちなみに
ソフィー、
ソフィーの息子のモーガン(幼児)、
火の悪魔カルシファーも
途中から登場!

ソフィーは、「キラキラ」という少年も連れています。

王家の抱える問題は解決できるのか?

ハウルももちろん登場します。

登場人物が多くて
途中にいろいろな出来事が起こり
あいかわらずのドタバタぶりなのですが
最後にはすべてつながって
めでたしめでたし・・・となるので
安心して読めます。


こんなに面白いのに
もう
ハウルやソフィーやカルシファーたちとは
会えないのね・・・。

モーガンが成長したら
きっと面白そうな冒険談がありそうだし
ピーターのその後とかも知りたいし・・・
もっともっと書いてほしかったです。

評価
もちろん オール5

魔法のかかっているものとか
家の設定とか
本当に魅力的です。
スポンサーサイト

2013/08/08 22:43 |   ダイアナ・ウィン・ジョーンズCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。