スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

結城光流.『少年陰陽師 果てなき誓いを刻み込め』.角川書店(角川ビーンズ文庫),H19.7.

果てなき誓いを刻み込め―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)果てなき誓いを刻み込め―少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫)
(2007/06)
結城 光流

商品詳細を見る
テレビアニメの時に少し見ていたし
だいたいの人物関係は把握しているので
まあいいでしょうと
とりあえず図書館でかりることのできた20巻目を読む。

これは、ラジオ、舞台、アニメ、ゲームと
かなりいろいろなメディアにでているのでいいかなぁと思ったけど、
やっぱり、
前回の「篁破幻草子」・・・小野篁のシリーズとにたようなものだと思った。

とにかく
この1冊のほとんどが
戦い・・・なのだ。

延々と戦い。

なので
読み進むうちにあまりにも同じような感じの場面が続くので
だんだん疲れてきて、とうとう、かなりな斜め読みをしてしまい、
よけいにつまらなくなってしまった。
(反省)

実は、この巻から続けて3冊ほど図書館にあったので
借りておいたのだけど
もう、辟易状態なので
読まずに返却することにする。

バトルシーンが延々と続いても平気な人にはお勧め。

一応、12神将は神の属性だから人間を殺してはダメとか
そういうローカルルールがあるものの
とにかくバトル以外のストーリーはあんまりないし、
すべてバトルに帰着する展開。

ゲーム原作としては
ずーっとバトルみたいなものだから
いいのかもね。

私にはむかないと思った。

面白さ  不明(バトルはよくわからない)
お勧め度  バトル好きにしか分かんないような・・・
再読度   たぶんもう無理
スポンサーサイト

2009/04/28 23:51 | ライトノベルCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。