スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

香月日輪.『下町不思議町物語』.岩崎書店(YA!フロンティア),2007.8.

下町不思議町物語 (YA!フロンティア)下町不思議町物語 (YA!フロンティア)
(2007/07)
香月 日輪

商品詳細を見る
「YA」をうたっている岩崎書店の<<YA!フロンティア>>

でも、これは、主人公が小学校の6年生だし、
文字の大きさや字数などからも
YAと規定するよりも、小学校の高学年から読めると思います。



感想。
すごーく、おもしろい!!!

この作者の作品「妖怪アパートの幽雅な日常」には
かなりはまったのですが
作風は似ているものの
これはこれでかなりいいです。

まず、トトロが出てきます。
それから、妖怪アパートの住人「古本屋さん」が友情出演(?)しています。

最初のうちは
笑えるんだけど、
途中ほろりと泣けてくるようなところがあって
最後は幸せな気分の読後感になれます。



この作者の作品って
とてもテンポがいいし、
不思議な出来事も不幸な出来事も
すべて日常のように感じさせてくれるんです。

それに、食事のことについての描写がとてもいいのです。
この本でも
「オムライス」から「ホットケーキ」「さんま」に至るまで
何度も食事に関するシーンが出てきます。

食事や食卓に関係するいろいろなことによって
幸福感が伝わってくるのです。

そして、不思議なのは
かなりお説教めいたことがところどころに書かれているのに
なぜかストンと心に落ちてくる・・・・。
もう、すっかり、この作者の作品が好きになっています。

もっとほかのも読んでみたいな~。



ランクはすべて「オール5」でいいでしょう♪

かなり好き。
スポンサーサイト

2009/05/02 23:31 |   香月日輪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。