スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ジョーン・ロビンソン.『思い出のマーニー』上・下.岩波書店,2003新版

思い出のマーニー〈下〉 (岩波少年文庫)思い出のマーニー〈下〉 (岩波少年文庫)
(2003/07/16)
ジョーン ロビンソン

商品詳細を見る
思い出のマーニー〈上〉 (岩波少年文庫)思い出のマーニー〈上〉 (岩波少年文庫)
(2003/07/16)
ジョーン ロビンソン

商品詳細を見る


スタジオジブリでアニメ化するとのことなので
さっそく、原作を借りてみました。


イギリスの両親のいない女の子・アンナ。

預かってくれる人たちに
迷惑をかけてはいけない・・・と思いこむあまり
あまりにも手がかからないのを心配されて田舎へ預けられることになる。

アンナは、子どもらしさがないような状況になっているのだけど
本人は「いい子でいて、迷惑をかけないようにしなくちゃ」と思い込んでいて
それがまわりの大人に
かえって心配をかけているなんてことには 気づいてない。

海辺の町の夫婦の元で暮らすことになる。

そのうちに
マーニーという少女と知り合うが
だれも彼女のことは知らない。

マーニーと過ごすうちに
子どもらしさを取り戻していく物語です。


しかも、
謎が謎をよんで
最後には
アンナの出生の秘密が明らかになります。



評価

おもしろさ  
最初は普通なんだけど、下巻の後半からは一気読み!

再読度  
まあ、もういいかな(苦笑)

お勧め度
きっとジブリがアニメ化しないなら
読まなかったかも。




ファンタジー要素もあり、
ちょっとミステリー要素もあって
結構楽しめます。
スポンサーサイト

2014/02/07 13:18 | 外国の作家COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。