スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

眉村卓.『なぞの転校生』.講談社,2013.12

なぞの転校生 (講談社文庫)なぞの転校生 (講談社文庫)
(2013/12/13)
眉村 卓

商品詳細を見る


題名だけは知っていたものの未読のSF。

あとがきによれば
1970年代のNHKのジュニア向けSFのテレビドラマシリーズで
一世を風靡したものらしい・・・。

学年向け月刊学習誌に連載されたものらしい。

そのせいかもしれないのですが
漢字が少な目で
サクサク読めます。


団地住まいの中学生、広一。

彼のクラスに転校生がやってくる。
しかも、家が隣だった。

転校生は山沢典夫。

美少年で運動神経抜群で成績優秀という少年。

でも、彼の行動は
奇妙なところがある。


ここからネタバレですが
山沢典夫は、次元放浪をしている民族の一人。

自分たちに合わなければ
次の世界へ移動して生活するという。

この世界でも
なじもうと努力するが
あまりになんでもできてしまうので
違和感がぬぐえず
そのうちに
いろいろなひずみがでてきてしまう。

この世界をすてて
別の世界へ旅立つ彼ら。

友人になった広一は
典夫をひきとめようとするが・・・。




評価
面白さ 5
読みやすさ 5以上かも!
お勧め度  4



あまりに簡単なので
読書家さんには物足りなさがあるかもしれないですが
小学校の高学年から
中学生の読書苦手さんまでには
ちょうどよいレベルかもしれないです。

講談社の青い鳥文庫からもでているそうです。


この物語の言いたいことって
今の時代の若者にこそ
知ってほしいかも・・・。


そう感じました。
スポンサーサイト

2014/02/11 16:04 | 日本の作家 ま行COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

NHKTVドラマ年代です。
時間になるとテレビの前に座っていました。
とっても面白かったし、今でも印象強い番組だったことを覚えています。

もちろん、眉村卓の原作も中学生時代に読みました。
このあたりから、コバルトシリーズがはやりだしたと記憶しています。

今は、おしゃれな表紙なんですね。
昔は、若竹色のような縁取りの文庫本でした。真ん中の模様は覚えていないんだけど。。。

どこにいったんだろう、あの本。
確かに、夢中で読みました。

今の子は、どうなんでしょうね。

No:138 2014/02/11 21:21 | てぃんく☆ #- URL [ 編集 ]

Re: てぃんく☆さん

今の子も面白いと思うみたいです。ライトノベルとかが好きな子には気に入ってもらえています!

No:139 2014/02/24 21:29 | 桜の葉 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。