スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

アストリッド・リンドグレーン.『新訳 長くつ下のピッピ』.角川つばさ文庫,2013.07

新訳 長くつ下のピッピ (角川つばさ文庫)新訳 長くつ下のピッピ (角川つばさ文庫)
(2013/07/15)
もけお、 他

商品詳細を見る


やっぱり、ピッピは面白い!

新訳になって
とっても読みやすくてテンポよくて
親しみやすくて
現代風になっています。

しかも!

今の子どもたちを引き込むための仕掛けも!

最初に漫画風イラストで
この物語のあらすじ説明。

映画の予告のような感じで
その4ページを読むだけでもワクワクします。

全体のページの左上部分に
おさるのネルソン氏のパラパラマンガがついていて
ついつい
何度もパラパラしてしまいました(^^;)




ピッピはしっちゃかめっちゃか荘に引っ越してきます。

ママは天国にいて
船乗りのパパは行方不明。


パパの残したお金を持って
パパがそのうち一緒に住もうと用意していた家に引っ越してきて
一人で暮らし始めます。


ピッピは
靴下が左右ちがっていて
力持ちで
泥棒よりもおまわりさんよりも強くて
とっても自由な女の子。

次々に起きる面白いエピソードに
行きつく暇もないほど
ワクワクがいっぱいの物語・・・


なーんて
誰でもしっていますよね?



評価
オール5


スポンサーサイト

2014/02/24 21:43 |   アストリッド・リンドグレーンCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。