スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

櫛木理宇.『ホーンテッド・キャンパス』.KADOKAWA,2013.10

ホーンテッド・キャンパス (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス (角川ホラー文庫)
(2012/10/25)
櫛木 理宇

商品詳細を見る


角川ホラー文庫というジャンルの文庫。
裏表紙によれば
オカルトミステリ・・・なのだそうな。

前回読んだ『櫻子さんの足下には死体が埋まっています』と
にたようなものかなぁ・・・と思いつつ
これも中高生に人気があるらしいので読んでみました。



怖くないです。
ミステリ要素も低め。


見えてしまう体質の主人公が
大学に入って
オカルト研究会に所属し
オカルト絡みの相談を
研究会のメンバーとともに解決するという物語。

メンバーは5人。
そのうちの女子2人は
さっぱりとした男の子風の性格なんだけど 
見た目はとってもきれいな美女と
主人公が恋心をいだいているはかなげな美少女。

主人公は見えるという以外は
草食系のへたれ気味な男の子なので

まあ、設定だけで言うと
ライトノベルの典型パターンと言えなくもない感じ。



全然怖くないし
オカルト関係の依頼解決なので
ミステリーとしてもちょっと弱い。


むしろ、
部活動・青春物語、というのがぴったり合うような小説です。



評価
おもしろさ  5
再読度    4
お勧め度   4.5
読みやすさ  5



まあでも、流行っているとはいえ
どれもにたりよったりかな~。

これがまあ、まだいい方だと思うので、
同じ系列のもののなかからどれかを読むというのなら
これがおすすめ、



スポンサーサイト

2014/03/17 15:12 | 日本の作家 か行COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。