スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

柴田勝茂.『きみに会いたい I Miss You』.あかね書房,1995.3




中学生の女の子が主人公。



人の心のつぶやきが聞こえてしまうという力を持っている。



ある日、12-3歳の少年のつぶやきが聞こえる。

それは、自分と同じように

他人の心のつぶやくが聞こえてしまうことで悩んでいる少年だった。



少年は会いたいというが

あわないでいようとする。



しかし、少年の力はかなり強いようで

イメージなども読み取ることができるようだ。



私が2年C組の美和子だってこと、

名札などの映像イメージから読み取ってしまうのではないか

そんな恐れを抱くようになる。





そのうち、少年の心は荒んでいき

東京から一番近い原発で

事故が起きるよう、彼が望むようになる。





美和子は少年の暴走を止められるのか?!







評価

面白さ  5

読みやすさ 4.8

再読度  4.6

お勧め度 5





設定といい、進み方といい、

ちょっとライトノベル風な要素のある物語です。



美和子は ほんわかした優しい少女。



少年はちょっと人間味にかけるような冷淡な雰囲気。



原発事故のイメージの描写が

リアルで怖いです。



出版当時は、原発事故なんてありえない

と思っていた時代だったでしょう。



今は、原発事故を経験したので

リアルさに怖くなってきます。



ちょっと古い本ですがおすすめです。

スポンサーサイト

2014/05/25 22:41 | 日本の作家 さ行COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。