スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

リンドグレーン.『山賊の娘ローニャ』.岩波書店,1994.5

2014年秋にジブリがテレビアニメにするということを聞き
さっそく読んでみました。

リンドグレーンのこの作品は知らなかったです。

山賊の娘として
嵐の日に生まれたローニャ。

山賊の仲間たちに守られながら
素直にしかも元気いっぱいで活動的な女の子に成長していきます。

11歳の出来事が主な内容。

あるとき、自分たちの砦のあちこちを冒険していると
北の城の部分に入り込んでいるボルカ山賊の少年ビルカと出会います。

同じ日に生まれた2人は
仲良しになるのですが
彼らの両親は
それぞれの山賊の頭で
敵であり
仲間になるなんて考えられないような状態です。

冬を前に
2人で山の中で暮らすことにするのですが
冬の寒さに勝てず
それぞれの家に連れ戻されます。

魅力的なキャラクターがたくさん登場し
予想外の展開が続きます。

彼らの森にひそむ
鳥女とか小人とか不思議なキャラクターもたくさん登場します。

森や不思議な生き物や
知らない部分がありそうな大きな砦や
映像にしたら
とてもすてきだろうな~と思う要素がたくさんあります。

どうか、イメージダウンになるような
くだらないものだけは作らないでほしいです。

ゲド戦記みたいな失敗はやめてほしい!と、願います。


評価
オール 5

やっぱりさすが
リンドグレーン・・・と思います。

本当に素敵なんです。

アニメの前に読んでほしいかも。


スポンサーサイト

2014/05/25 23:17 |   アストリッド・リンドグレーンCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。