スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

那須田淳.『星空ロック』.あすなろ書房,2013.12

星空ロック星空ロック
(2013/11/27)
那須田 淳

商品詳細を見る


読みやすかったので1日で読了。

中2の少年、レオ。
ヨーロッパに単身赴任している父のところへ
夏休みに母と二人で旅行・・・の予定が
夏休み前に、父が盲腸で入院したとか。

母はすぐに父の元へ行くから
レオや予定通りにベルリンまで来い・・・という。

ベルリンで落ち合うというのだ。

いつのまにやら、初めての海外旅行が
ベルリンへの一人旅になったレオ。

空港で知り合った
クラッシックピアノをひくという少年とベルリンへ向かう。


つい最近亡くなった
レオにギターを教えてくれた
親友でもあった
ケチルというあだ名のおじいさん。

もしベルリンに行くなら・・・と
彼がむかしのレコードを
彼の若いころの思い人へと
届けたいと思う。

ベルリンでの4日間の間に
いろいろな人たちと出会い
ケチルの昔の思い出も追いかけつつ
音楽を通じて
何かが生まれていく。

「レオ、おまえはおまえのロックをやれ」といっていたケチル。

ラストは
音楽っていいな!と
本気で思えます。


評価
おもしろさ 5
再読度 4
お勧め度 5



2014年中学生むけの課題図書。

今回は
難易度も低めで
小学校の高学年ぐらいから読めそう。
スピード感もあるし
レオの一人の視点からなので
わかりやすいし
なかなかいいかも。


レオは
ロックが好きといいつつも
ケチルじいさんが
パッヘルベルのカノンが好きだったりするので
ビートルズやレッドツェッペリンの音楽の他にも
クラッシックも少しだけ入ってきます。

有名なロックの懐メロのオンパレードなので
途中音楽を口ずさんだりしてしまいました(笑)


音楽って言葉の壁も超えるし
本当にいいですよね!
スポンサーサイト

2014/06/23 12:06 | 日本の作家 な行COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。