スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

宗田理.『ぼくらのモンスターハント』.ポプラ社,2009.4.

ぼくらのモンスターハントぼくらのモンスターハント
(2009/04)
宗田 理

商品詳細を見る
中学生が大人に対していたずらをしたり
やっつけたりする
中学生に絶大な人気を誇っている「ぼくら」シリーズの最新刊。

去年始まった新シリーズ
『ぼくらの奇跡の7日間』につづく第2段です。

実はね・・・
そっちの本はまだ読んでいないのよ(^^;)


いや~、読んだ子どもたちに聞いて
新シリーズはやっぱり「現代」なのでいいってことだけしか
しらないのよね(汗)

でも、それを読んでなくても
充分楽しめました。
なんせ、借りてきたその日のうちに読んでしまったし(笑)


ストーリーは、
旧シリーズにくらべて
かなり凝った事件でした。

まず、本屋で本のアドバイスを頼まれるほどの本好き少女「摩耶」が
その本屋さんから不思議な本をもらえることになるのが
事件の発端。

その不思議な本は
ほとんどの人には白紙に見える。

けれども、摩耶には
ゲームのように
モンスター名として
これから事件を起こす人の名前と似顔絵がでてくるのが見える。

そうして、そこに書かれたモンスターをどうにかこらしめたり
あきらめさせたりすると
星がもらえるというものらしい。

星がいくつか集まって大きな星になれば
もっと大きな事件があらわれるみたいである。

そうして、はじめは
ちょっとした軽犯罪を取り締まっていたのが
前回の本にでてくる
京助にみつかる、京助にも本の文字が見えたので
2人は仲間となり、
もっと、悪い犯罪ポイントの悪人わやっつけるようになる。

そうこうしているうちに仲間が増え、
とうとう、
京助たちのもとの学校の新校長が
実はウルトラモンスターだということが発覚。

事件は予想を裏切る展開になっていく。

モンスターペアレントまで出てきて
まさに現代さながらの事件。

面白さ   それだけでいうと確かに面白い。5
お勧め度  やっぱり中学生は好きだろうね。
再読度   面白かったけど再読・・・となるとね(笑)



スポンサーサイト

2009/05/24 00:52 |   宗田理COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

あらためて購入予定

なんかちょっと重なりますけども(笑)。

生徒からリクエストがあったので、試験的に第1作目と2作目をポプラ社のリニューアル版で入れてみることにしました。

好評であれば続刊も入れるかもしれませんが、いかんせん巻数が多すぎてどうしましょう。

No:6 2009/05/25 10:14 | keep9 #81/lD5GQ URL [ 編集 ]

Re: あらためて購入予定

ポプラ社のリニューアル版の方は、よく借りられていきますけど
角川の文庫版は
ポプラ社版が貸し出し中か、ポプラ社版で出版されていないものしか動かないみたいです。

昨年度からの「ぼくら」の新シリーズ2冊は
舞台も現代で、携帯など今の子どもたちになじみのあるものが出てきます。

全巻制覇した子たちによれば
一番面白いのは新シリーズと言っています。

なので、
とりあえず買いなら
新シリーズだけでいいかも。

余裕があれば、ポプラ社版、セット買いしてくださいね(^0^)//

No:7 2009/05/25 21:53 | 葉桜 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。