スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

村上春樹.『1Q84 BOOK2』.新潮社,2009.5.

1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る
さて、後半、
<7月-9月>編です。

前半は、普通のリアリスティックフィクションの感覚で読み進めたものの
後半はちょっと違う感じ。

その予兆は前半の巻からもあったんだけど、
ここにきて一気に <<不思議世界の不思議な側面>> が次々に出てきました。

起きた事件も
事件が起きたままで何も解決しないし、
まだ続くって言われてもいいような気がする状態で終わっています。

どなたかが「読後感はすっきりしない」というコメントを書かれていたのをみたことがあるのですが
私の感想としては
「続きはどうなるの?」と聞きたい感じです。

1年間・・と思うなら、
この2冊で半年分しかないわけだし、
少なくとも、10月から12月のあと1冊は書けるっていえば書けるかも?!
なんて、サブタイトルに対しても疑いたくなってしまいます(笑)

言い回しも
前半の巻に比べて
わかりにくいところもあるし、
設定も普通ではないようなものに巻き込まれたことはわかる。

しかも、
戻りたくても戻れない・・・という感じ?

よくわかりません。

その割には、この暑さの本2冊を1週間で読んでしまったので
それなりにひきつけられていたのでしょうね。

つまらなかったら、すぐに挫折していたでしょうから(笑)

評価は前回と同じで
なしとします。

子どもには読ませられない。
こっちの巻は特にダメ。


スポンサーサイト

2009/07/31 08:37 |   村上春樹COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。