スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

篠原美季.『英国妖異譚 19 聖杯を継ぐ者』『英国妖異譚 20 エマニア 月の都へ』.講談社 X文庫

聖杯を継ぐ者 英国妖異譚(19) (講談社X文庫―ホワイトハート)聖杯を継ぐ者 英国妖異譚(19) (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2008/12/05)
篠原 美季

商品詳細を見る
エマニア~月の都へ 英国妖異譚(20) (講談社X文庫―ホワイトハート)エマニア~月の都へ 英国妖異譚(20) (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2009/06/05)
篠原 美季

商品詳細を見る
19巻  2008.12
20巻  2009.6.

いよいよ「英国妖異譚」シリーズも完結です。

最後の2冊だけは、2冊で1つの事件でした。
なので、セット読みがお勧め!

英国人の父と日本人の母をもつユウリ・フォーダムが主人公。
セント・ラフアエロというイギリスの全寮制の学校が舞台。
親友はフランス人貴族のシモン・ド・ベルジュ。
あと、1学年上の(今回は卒業生としての設定)アシュレイやら
後輩のオスカーなどなど
わき役も魅力たっぷりのメンバーです。

ユウリは見えざるものが見え、そういうものとかかわる特殊な力を持っている。

あぁ、とうとう終わっちゃったのね。

作者もあとがきで書いているけど、こういう終わり方?!

できれば、いつものように普通に続くような雰囲気で終わってほしかったかなぁ。

新シリーズも書いてくれるらしいので
それに期待します。

ホントに好きなシリーズでした~。
・・・終わっちゃったのね。
まとめて借りてきて、一気読みしてみるのもいいかもね。


評価
今回はね、
個人的に好きな作品なので評価しないでおきます。

ライトノベルから遠ざかっていた時に出会って、はまって・・・
それから今みたいに、あれこれとまたライトノベルも読むようになっていったのよねぇ。

作者は、香谷美貴(かがやみき)というペンネームで
青い鳥文庫とか、
『ひかりもの』というアンソロジー本で
石崎洋二(『黒魔女さんが通る』などの作者)らと一緒に児童向けの作品も書いています。

スポンサーサイト

2009/09/18 09:59 | ライトノベルCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。