スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

海堂尊.『イノセント・ゲリラの祝祭』.宝島社,2008.11.

イノセント・ゲリラの祝祭イノセント・ゲリラの祝祭
(2008/11/07)
海堂 尊

商品詳細を見る

田口先生が主役、白鳥もしっかり出てくる・・・という、
『チーム・バチスタの崩壊』からのシリーズ。

さて、
今回の舞台は、病院内ではありません。
なんと厚生労働省の会議が舞台。

医療事故調査委員会設置のための検討会へ
白鳥の依頼で出席することになる田口先生。

いろいろあるものの、ほぼ、会議シーンでストーリーが動く。

行政の会議と言えば、
最近の予算の≪仕分け人≫とかいう人たちの会議の中継は
ものすごく面白いけど、
この会議はそこそこ・・・って感じ(^^;)

作者が他の作品でも提唱しているエーアイ(Ai、死亡時画像診断)・・・つまり、遺体をCTスキャンにかける・・・というものが大きな主題です。

小説なんだけど、現状の医療行政や医療現場やかかわりの法律の問題にいたるまで
徹底的に追及しています。
知らないでいるようなことばかりで、いろいろとびっくりします(笑)

全体としては、会議会議で説明調な雰囲気が続くし、
ジェネラル・ルージュみたいな派手な医療現場シーンもないし、
ちょっと小難しいかなぁ・・・。

産科医の逮捕・・という問題が
並列して起きている事件みたいです。

『ジーン・ワルツ』という作品が産科医が出てくるらしいので、
次はそれを読むべきなのかな?

まあ、またまたブックトークにアニマシオンが続くので、
しばらくは、お預けかな(笑)

評価
ジェネラル・ルージュとか『医学のたまご』とかのほうが
おもしろかったかなぁ。

海堂作品はそれぞれ複雑に絡んでいるし、やっぱり読んじゃうのかな?

面白さ  3.8
再読度  不明(他の作品による)
お勧め度  4
スポンサーサイト

2009/11/15 21:49 |   海堂尊COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。